時間によって尾行料金が決まる

時間によって尾行料金が決まる場合、探偵の尾行にかかる時間が短い方が、お金がかからなくなります。

したがって、尾行依頼を探偵にするとすれば、日常からパートナーの行動を調べておくことが重要です。

そこで一番おかしな行動をする時間帯や曜日に追跡をお願いすると、余計な手間をかけずに探偵も尾行することができ、双方にとって利益があります。

浮気相手と会う曜日だとか時間帯がわかっていれば、調査が必要とする時間は減るので、調査にかかるお金は少なくなります。
浮気調査 探偵 比較

ですが、いつ浮気をしているか特定できているなんていっても、友人を説得して写真撮影をお願いすると、無駄足になることが多いでしょう。

気づかれずに写真撮影を行うにはプロに任せるのが一番でしょう。

探偵の一部はアルバイトの事例がございます。

探偵のアルバイト情報を調べれば、お仕事が見つかるのです。

このように、バイトが仕事をしている探偵事務所も多くの例があるということです。

浮気をしているのか調べてもらうのならば、個人を特定できるような情報を教えないとできないですよね。

でも、バイトだと正社員と違ってずっと続けているという保証はないですし、知った情報を部外者に伝えることも可能でしょう。

探偵が浮気調査する時でも失敗したりするようです。

探偵が浮気調査に精通しているといっても、予期せぬトラブルに見舞われることが全くないことは全くありません。

尾行対象がある日突然、車や電車で移動したり、尾行者の存在に気づく時もあるでしょう。

加えて、浮気調査期間中に浮気相手に会わないケースでは証拠を掴みきれません。

費用を節約して浮気調査をするには、できる限り事前に自分で調査しておきたいものです。

調査というと引いてしまいがちですが、難しく考える必要はありません。

何をすればいいかというと、パートナーの毎日の行動を記録するだけで立派な調査資料になります。

日々の仕事に出掛ける時間、帰宅してきた時間、だれかと電話をしているようなら、着信時間と通話時間も記録するようにしましょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ