身だしなみには細心の注意を

面接を行う時には、身だしなみには細心の注意を払ってください。
清潔感のある着こなしで面接に挑むことが重要な点です。緊張であがってしまうとは思いますが、模擬練習をしておき、面接の準備をしておきましょう。
面接の時に問われることは大体決められていますので、予め答えを準備しておくことが大切です。
転職の際、一般的には、有利とされている資格の一つに中小企業診断士という資格があります。
中小企業診断士の資格があれば、経営に関するノウハウを持っていることが証明できるため、その会社にとって貴重な存在であると認めさせることができます。
法律に関する知識が豊富な行政書士やお金の専門家であるファイナンシャルプランナーも、転職する際には有利でしょう。
職業を変えたいと思ったときにより有利になれる資格として、社会保険労務士や公認会計士があげられるでしょう。これまで築いてきた経験を使った転職活動をしていこうという方針を持つ人にも間違いなくお勧めしたい資格です。社会保険労務士の資格があると、総務や人事関連の仕事を得やすくなりますし、公認会計士の資格を持っていれば財務とか経理関係の職を得られやすくなります。
異なる業種に転職するのは難しいという印象が強いですが、本当のところはどうなのでしょうか?結論から言うなら、異なる業種に転職するのは簡単ではありません。
経験者と未経験者とがいた場合、人事担当者は、経験者を選ぶことが多いです。
ただ、確実に無理というわけではないので、努力をいとわなければ異なる業種に職を変えられることもあるものです。転職をする際に求められる資格は、専門の仕事以外にはそれほど多くないようですが、持っている資格を有効に使って働くことができる点では、やっぱり、国家資格が強いでしょう。
それに、建築とか土木系の場合には、建築士などに代表される「業務独占資格」と言われる、その資格を所有していないと実際に仕事につけないという仕事が多くあるので、狙い目と言えるかもしれません。
ファイナンシャルプランナーならECCの通信講座がおすすめ

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ